デュアルコアCPUでRAW現像は速くなるのか

我が家のメインデスクトップマシンをAthlon 64 3500+(2.2GHz)→4400+(2.2GHz x2)にアップグレードしたので、一番気になってたRAW現像の速度を計測してみました。(6/28訂正)

D100とS3 ProのRAW画像10枚をバッチ処理で現像。実行時間は時計を見ながら手動で計測。細かい条件はソフトやデジカメの機種によって異なりますが、おおざっぱな傾向は見て取れると思います。

ソフトウェア Athlon 64 3500+ Athlon 64 X2 4400+ 高速化

Nikon Capture 4.3
66秒 34秒 1.94倍

Hyper-Utility Software
287秒 158秒 1.82倍
Photoshop CS2(D100) 50秒 30秒 1.67倍

Photoshop CS2(S3 Pro)
134秒 74秒 1.81倍
  • A8V Deluxe/RAM 2GBのマシンで計測。BIOSアップデートしてCPUを換装した以外は変更なし。
  • Athlon 64 3500+は実クロック2.2GHz キャッシュ512kB(0.13μ Winchester)、4400+は実クロック2.2GHz キャッシュ1MBのデュアルコア(0.09μ Toledo)
  • S3 Pro用のHyper-Utility Software HS-V2 Ver.3.1bを使用
  • Photoshop CS2は体験版でAdobe Camera RAW 3.0を使用

一度目のテストでは、Cool’n’Quietが有効になっていたため、Hyper-Utilityなどでは2つのコアに負荷がばらけてしまい電圧とクロックが自動的に低下してパフォーマンスが出てませんでした。(申し訳ない)
改めてデータを取り直してみた所、全てのソフトにおいて、十分デュアルコアの威力が発揮されているという事が分かりました。
結論ですが、まだ少々値段は張るものの、XeonやOpteron対応マザーとCPUを2個買う事を思えばずいぶん簡単に導入できるデュアルコアCPUは、デジタル写真を扱う人なら買う価値のある製品と言えると思います。
相変わらずテキトーなベンチマークしたが、追試の結果や他機種データでの計測リクエストなど、何でもコメント・トラックバックお寄せ頂ければ幸いです。


Nikon D50がすでに店頭に

d50-now-on-sale.JPG
6/29(水)発売予定のNikon D50がもう売られてました。


Photoshopのお得な買い方

photoshop-cs.png
ついに。。。Photoshop CS(CS2無料アップグレード付)を購入してしまいました。
今までずっとPaint Shop Pro派だったわけですが、先日のデジモノクロ写真セミナーで話を聞いたり、雑誌のレタッチ記事を読んだりしていると、どうしてもPhotoshopが前提になるため、簡単な技ならPaint Shop Proに置き換えられるもののやはり限界があり、ついにAdobeに陥落です。。。
そこで、お世辞にも安い買い物とはいえないPhotoshop CSについて、今回調べてみたなるべくお買い得な購入方法を披露したいと思います。

  1. まずPhotoshop CS/CS2は価格.comの最安値でも¥83,000くらいするようです。
  2. 次に、Adobeのサイトにあるアップグレードの案内を見ると、
    Photoshop Elementsからも一応アップグレード出来るものの、この値段がなんと¥83,000だそうです。。。orz
  3. しかし、上の表を良く見てみると、「Photoshop Elementsバンドル版 カスタマーサービスへ
    お問い合わせください」という記述が。
  4. そこで以前から持っていたIntuos3と言うタブレットの中に入っていたElementsのチラシを見ると、Photoshop CS特別アップグレード価格¥50,000(税込¥52,500)、専用FAX申し込み用紙と書いてあるではないですか!!
  5. レタッチ作業などに便利なIntuos3の一番小さいA6サイズの価格が2万円弱、特別アップグレード価格が¥52,500なので、普通に買う¥83,000より1万円以上安い価格でタブレットまで付いてきちゃうわけです。(プリンタ等でも同様の事が可能かも)
  6. というわけで、Photoshopを買う前に一度手持ちのバンドル版Photoshop等に付いてきたチラシをチェックしてみましょう。もし無くても、ついでにタブレットなどハードウェア1つ分買えてしまう可能性があります。

以上、合法的でなるべくお得にPhotoshopを購入する方法でした。


CAPA in COLOR ロバート・キャパ写真展

capa-in-color.jpg会期が明日までだったので、ちょこっと見てきました。
ヒューレットパッカードがスポンサーに付いているので、会場では展示作品を出力した最新型プリンタHP Photosmart 8753の宣伝がされていて、その実力は先日のデジモノクロセミナーでも確認済みなので、改めて物欲を刺激されまくりです。
それと、写真よりも会場で流されていたキャパの生涯を追ったDVDが非常に興味深く、思わず30分ほど見入ってしまいました。


マイクロソフトがWindows XP上でのRAWデータ表示をサポート

米Microsoftのサイトで、無料で使えるアドオンソフト「RAW Image Thumbnailer and Viewer」が公開されました。
これをインストールすると、ニコンとキヤノンのRAWデータをエクスプローラ上で直接表示する事が可能になります。
現像は変わらず専用ソフトで行う方が良いでしょうが、OSでのRAWデータサポートはファイル整理等で非常に使い勝手が良くなるので、たいへんありがたい話です。

参考リンク


いま、モノクロプリントが熱い!

digimono.JPG
しばらく忙しくしていて写真方面の活動とblogの更新をさぼってたのですが、日曜日はPhotoXP掲示板でもお世話になってる土屋先生達デジ侍(7人のデジ侍とは?)による、デジタルモノクロプリント講座に行ってきました。

セミナーの内容については、きっとおそらく他の参加者の方から詳しいレポートアップされると思うので割愛。。。(^_^;;
今月は忙しくてもデジカメニュースチェックネタくらいは更新できるよう頑張ろうと思います。

続きを読む »