PhotoXP 1.6.7リリース

利用者の方からメーカー独自情報について色々とフィードバックを頂いたので、それらの修正点を反映した1.6.7をリリースします。
今回の変更点は以下の通りです。

  • CASIO Exilimのホワイトバランス、ISO感度表示対応。
  • SIGMA SD9/SD10のホワイトバランス、レンズ焦点距離表示対応。
  • SILKYPIXで現像した場合にExif情報が表示出来ないバグを修正。
  • ヒストグラムの縦軸をPhotoshopと同じ総ピクセル数の1/68に変更。

1.6.6からバージョンアップする場合、libの下のファイル一式、image/histogram.jarを最新のもので上書きすれば完了です。

広告

FinePix S3 Proリンク集

finepix_s3_pro.png
こつこつとFinePix S3 Proリンク集を作成中です。S3 Proが気になってる方、すでにお使いの方は、お気軽にコメントやトラックバック下さい。


Photoshop互換ヒストグラム表示

PhotoXPの新機能のヒストグラム表示ですが、白飛びを起こしている場合などに右端に高い棒が立って、他の部分が地を這うようにつぶれてしまう場合がありました。
これは、最大値でグラフの高さを正規化してるためなんですが、ちょうどmixiで知り合ったhttp://www.bestshot.jp/sawa2さんにも、「Photoshopのヒストグラムと比べて真ん中の山の部分が低くなってしまうのは何故なんでしょう?」と質問されたりしたので、今までの方式を見直してみる事にしました。
で、これまたちょうどタイミング良く、新しく買ったFinePix S3 ProのRAW現像ソフトであるHyper Utilityのヘルプを読んでいると、ヒストグラムにPhotoshop互換モード(総ピクセル数の1/68で正規化)というオプションを発見したので、なるほどPhotoshopではそういう仕組みになってるのかと、早速真似してみました。(ふりが長すぎ)
こちらの方が、山が非常に高い時は切れてしまいますが、どの程度の量のピクセルがどの明るさに分布してるか、感覚として分かりやすいのではないかと思います。

DSC_8897.jpg
ちなみに、S3 Proの画像をサンプルに使おうと思ったら、白飛びが非常に少なく例として適切な物がありませんでした。。。で、前と同じ画像。

最大値で正規化(従来)
histogram_max.png

総ピクセル数の1/68で正規化(新、Photoshop互換)
histogram_photoshop.png

次のバージョンからこちらのヒストグラムアプレットを添付したいと思います。
すぐに使いたい方は、http://photoxp.daifukuya.com/image/histogram.jarからダウンロードして、このファイルだけ入れ替えてみてください。


アンビエントジャズライブ

DSCF0313.JPG
友人でこのサイトからもリンクしてるPhotoWalkerの開発者でもある田中浩也君から、彼の参加してるバンドEcMiT(しかも、exifライブラリ繋がりで全く別ルートで知り合った田村さんがギターだったりもする)のアンビエントジャズライブのお知らせが来たので御茶ノ水まで行って来ました。北欧ジャズの調べにのって、今日は良く眠れそうです。
S3 Proでは初暗い場所撮影となりましたが、画像を開いてみてまず驚いたのは、D100に比べ暗部ノイズが少ない事です。これはぜひとも長時間露光に挑戦してみたい所。今週中にクリスマスイルミネーションの夜景撮影にでも挑戦しようかな。


西宮正明写真展で特別講義

nishimiyamasaaki.jpg昨日はS3 Proを持っていつもお世話になってるカメラマン土屋さん岡嶋さん小林さん達の忘年会に参加。
その途中で立ち寄ったフジフォトサロン@銀座にて、現在THE BASICシリーズ第3弾として「FROM MARKET」という写真展を開催中の西宮正明先生にお話を伺う事が出来た。

APA(広告写真家協会)の会長を務めたり大学でも教鞭をとっておられる大先生だけあって、さすがに言ってる事のスケールが大きくオリジナリティーに溢れていて面白い!
水の中で写真撮るために、わざわざプールにホリゾントを作って、数百万円の費用を捻出するためにスポンサー見つけてきて、カレンダーとして世に出す事にしたといったエピソードは、今聞くと面白い話だが、実現には色々な苦労があったのではないかと想像する。
いつも思うのは、素晴らしい作品を撮るカメラマンの方々は自分で撮りたい物、やりたい事があれば、自ら企画して色々な段取りをし最終的な作品を創るわけである。
それには、まず最初に自分のやりたい事があって、それに対する強い思いがある。だからこそ、途中にある困難も乗り越えられるし、最終的に良い作品が残せるのだろう。

と、当たり前の結論になってしまいましたが、何事においても、良い仕事をするには強い思いを持つ事が大切なんだなと、改めて思った次第です。


FinePix S3 Pro購入

s3test.jpg

ついに、買ってしまいました、「FinePix S3 Pro」。

ダイナミックレンジ400%で白飛び軽減、フジフィルムらしいポジフィルム風の鮮やかな発色。高ダイナミックレンジを生かしたプロネガモード等、色に関してはすごいデジカメです。
今日1日使ってみただけですが、FinePix S1 Proがお気に入りだった自分にはぴったりな予感が。
ネットで調べてもS3 Proに関する情報は少ないので、色々実験しながら使いこなして行きたいと思います。テスト画像はこちらにアップ予定。


PENTAXのレンズ情報に対応したPhotoXP 1.6.6

以前からリクエスト頂いていた、ペンタックスのレンズ情報表示に対応したPhotoXP 1.6.6をリリースします。

今回の修正点は以下の通りです。

  • ペンタックスのレンズ情報表示に対応。
  • MakerNote内をバイトオーダーに関わらず解析できるように改良。
  • LAN内からの投稿を削除した場合にエラーになる問題を修正。

*istD/*istDsのレンズ情はレンズIDという形でMakrNoteに埋め込まれてるのですが、このレンズIDとレンズ名の対応を調べる必要があり、個人で調べるのは大変そうなんで半ば諦めてました。
しかし、レンズIDのデータがみんと☆の部屋さんの所で公開されているのを知って、PhotoXPでも使わせて頂く事にしました。この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m