Nikon Capture 4.1.3アップデータ登場するも…

nikoncapture4.jpg
ニコンキャプチャー4.1.3へのアップデータソフトが登場しました。
早速バージョンアップと行きたい所ですが、実は我が家のPCではNikon Capture 4が起動しません。。。Nikon Captureを起動するなり青画面(最近あまり見なくなりました)になり、OSごと落ちてしまいます。
なんでこんな事になってるかと言いますと、我が家のAthlon64マシンはWindows XP SP2の新機能であるDEP(データ実行禁止)に対応しており(AMDではEVP機能と呼んでいる)バッファオーバーフロー等によるウィルスの感染が防止出来るようになっているのです。
普通のプログラムは、データ領域とプログラム領域は完全に分けられているのですが、まれにお行儀の悪いソフトがあり、データ領域を実行するという荒業を使ってプログラムされています。
これがアプリケーションならアプリケーションだけ落ちておしまいなのですが、悲しい事にNikon Captureが使うドライバがデータ領域を実行しようとするみたいで、OSごと落ちてしまうのです。
実際のところ、これ以外のソフト、ドライバでは全く問題は起きておらず、SP2をアンインストールするのも面倒なので、アップデートで直る事を期待していたのですが、残念な事に4.1.3では直ってませんでした。
IntelもDEPに対応したプロセッサの出荷を始めたようだし、新しいマシンには当然XP SP2が入っているので、この問題は早急に直して頂きたいものです。>ニコンの中の人

広告

インプレス、新ニュースサイトデジカメWatchをオープン

デジカメWatch
インプレスのPC Watchは、最近デジタルカメラ本体だけでなく交換レンズのレビュー等も充実させてきていたので、近いうちにデジカメ専門サイトを始めるのではないかという噂があったのですが、フォトキナの開幕に合わせて、デジカメWatchをオープンしたようです。

すでにニュースリリースになってるネタも多いですが、まだまだ新しい発表があるようなので、カメラ好きの人は、今週はフォトキナ関連ニュースをチェックしてれば退屈せずに過ごせるでしょう。


いつも使ってるPLフィルタ、一度チェックしてみては

先日、デジタル写真研究所さんのblogで気になる記事を見つけた。
内容は、ケンコーのデジタル専用設計C-PLフィルタ「PRO 1 D WIDE BAND サーキュラーPL(W)」のレポートなのだが、注目すべきは最新のPLフィルタの画質の良さというより、それと共にテストされているキヤノン純正のPLフィルタの逆光でのダメさである。本来、PLフィルタは逆光で使う物では無いとはいえ、これだけ画質が落ちるとなると無視できません。
自分も天気の良い日に出かける時は、PLフィルタはを付けっぱなしにする事がありますが、さくらやまつりのジャンク市で買った古い77mm径のC-PLフィルタなどは、これ以上にひどい状況かもしれないです。。。
あと、ともう一つPLフィルタに関して重要なのは、寿命がある事。
うちのフィルタも、ジャンクで買った奴は心なしか黄ばんでます。。。
というわけで、デジカメユーザは他のフィルタは後処理でなんとかなりますが、PLフィルタに関しては後処理が効かないので、これを機会に普段なにげなく使ってるPLフィルタが、画質低下の原因になっていないか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


MP3プレーヤー分解祭り

nomad_muvo2_fm_5gb.png
本日発売のCreative Nomad Muvo2 FM 5GB、分解してデジカメ用のメモリカード代わりに使用する人の動作報告が続々あがってきてます(All About JapanアキバblogTedious Days More)。
D70、Kiss Digitalでは問題なく使えてるようですが、機種によっては使えない物もあるみたいなので要注意。
その後、アキバblogさんが衝撃に対するテストを行っているが、結局どっちもHDDだから、高い所から硬い所に落とせば壊れます。。。(しかしもったいない)


FinePix S3 Pro見てきました

finepix_s3_pro.png
銀座のニコンサービスセンターに行ったついでに、富士フォトサロンで行われている、「画質革新」展でFinePix S3 Proの実機を見てきました。
詳しいレビューはdpreview.comにあがってるので参考にどうぞ。
以下、個人的な感想です。

  • S2 Proに比べ大きさはあまり変わらないが分厚くなった。プラスチック製だし見た目より軽い。KodakのDCS Pro 14/nに近くなった感じか。
  • サブ液晶と4つのファンクションボタンという伝統の操作系は変わらず。この操作系は良く出来てると思う。2.0型液晶モニタは綺麗で高精細。
  • 縦位置グリップが付いたがD1系ほどの厚みは無いので、手の大きい人にはちょっと掴みづらいと思われる。
  • スーパーCCDハニカムSRの特徴を生かしたワイドレンジモードは、S画素とR画素の混合比によって、AUTO/WIDE 1/WIDE 2から選べる。(ファンクションボタン)
  • ワイドレンジモードとS画素しか使わないスタンダードモードは、ファンクションボタンでなくメニューから切り替え。(うっかり戻し忘れ防止のため?)
  • 連写性能がワイドレンジモードとスタンダードモードでかなり違う。スタンダードモードだと今使ってるD100とあまり変わらない&バッファが倍くらいある。ワイドレンジモードにするといきなり動作が倍くらい遅くなって、バッファも2倍使うので、連写はあきらめた方が良い。
  • 肝心の画質は、さすが富士フィルムといった感じのこってりした色で好み(液晶のせいもあるけど)。フジクロームモードはさらに派手。
  • ワイドレンジモードとスタンダードモードで蛍光灯を写してみたが、スタンダードモードでは白飛びしてしまって白い四角になってる所が、ワイドレンジモードでは中にある2本の蛍光管がちゃんと分かるのを確認。作品を見ても分かるが、確かに白飛びには強そう。

といった所でしょうか。
いまさらボディの質感云々言うカメラでは無いと思いますが、同クラスのカメラには余裕で負けてると思います。値段も少々高目なので、価値が分かる人だけ買ってくれれば良いという方針なのでしょう。
ボディ性能に関しては妥協するとしても、やはり気になるのがワイドレンジモードでの動作の遅さです。1200万画素のデータ、しかも600万画素のハニカム配列の2種類の画素を複雑に混ぜて1枚の絵にするというのは、かなり重い処理になるのは分かりますが、例えば友人の結婚式に行ってサクサクと撮影みたいな時に困りそうです。
ピーク性能としての画質は素晴らしい物を持ってると思うので、D70あたりと併用して使いこなすのが良いのかもしれません。
ニコンFマウントユーザはこういった個性的な機種も選べるのが良い点なのですが、
正直、まんべんなく高性能になってるCanon EOS 20D(本日発売、S3 Proよりだいぶ安い)が羨ましいですよ。。。


ケイタイ最強画質CASIO A5406CAに機種変更

ジム帰りに昼飯@KUA AINA
少し前から携帯の調子悪かったのですが、昨日ついに電源ボタンが利かなくなり、急遽機種交換する事になってしまいました。。。
そこで、新機種の選定となるわけですが、残念なことに最近の携帯に「これだ!」と思うような機種は無く、現状のラインナップから選ぶには、何かしら妥協をする必要があります。
結局、今コンパクトデジカメを持ってない事もあり、画質重視ということでA5406CAをチョイスすることに。

が、、、しかし、この機種2004年6月発売にしては、最近のauが売りにしてる、

  • パケット定額WIN
  • カーナビ代わりのEzナビウォーク
  • 世界で使えるグローバルパスポート
  • Javaに替わる新プラットフォームBREW

といった機能はすべて非対応なんですね。
それでも、渋谷ビックカメラ店頭では最新WIN携帯を押さえてau端末最高値&売れ筋No.1となってました。ほんまかいな。
まだ他の機種に未練があったのですが、1/1.8インチCCDという最近のコンパクトデジカメを凌ぐ基本性能を持つ、A5406CAの高画質ぶりはPhotoXPに投稿される写真でも確認済みだったので(といっても、撮ってる人がめっちゃ上手いわけですが)、やはりこれしか無い!と思い切って購入しました。
そんな理由で、最近一眼レフしか触ってなかったんですが、ケータイカメラで身近な物をスナップしてみようと思ってます。


EOS 20Dが実質¥149,900

eos_20d.png来週発売のEOS 20Dであるが、値段について調べてみたところ、
ヨドバシだと実質¥168,300(¥187,000の10%還元)、価格.comでも16万円台後半で売られている所、Amazon.co.jpでは実質¥149,900(¥169,900に¥20,000円分のギフト券還元)と思い切った価格を付けている。
PCやコンパクトデジカメでは、時々思い切った特価品を出してくるアマゾンだが、
今まで一眼レフデジカメはネットショップの中でも割高という印象しか無かった。しかし、今回の20Dのダントツ最安値(9/11現在おそらく…)とかなりやる気が感じられるので、今後にも期待できそう。

と思ったのだが、12日時点で早速在庫切れになってます。。。あかんやんAmazon。
とりあえず、そういう値段が付いていた事もあったという事で、ご参考まで。


フォトキナ2004は9/28~10/3

photokina.png
圧倒的リソースによってどんどん新機種を発売しているキヤノンは置いといて、
今年の秋は他のメーカーからも待望の新しいデジタル一眼レフが続々と登場予定です。

これらが発表、詳細について公開される(であろう)場が、2年に一度ドイツはケルンにて開催される、photokinaという展示会なわけです。
というわけで、デジカメ買おうと思ってる人は、9月後半から10月頭にかけてのニュースサイトに要注目ですよー。
なんでこんな事書くかというと、今メインで使ってるNikon D100を使い始めてもうすぐ2年。日進月歩のデジカメにとって、2年も経てばそろそろ新しい機種が欲しくなる頃なのです。
といっても、デジタル一眼レフなどはそうそう新機種は出せませんから(キヤノンを除く)、この秋はどんな機種が出てどれを(ニコンかフジか)買うか買うまいか、今から悩むわけですね。
(参考:2002年のPC Watchフォトキナレポート記事。その1その2その3


Canon EOS 20Dは9/18(土)発売らしい

eos20D.png
キヤノン使ってる友人がメッセンジャーで「20D買うぜー」と言ってきたのでWebをチェックしてみたら、もう発売日はすぐそこに迫ってるんですね。ヨドバシやビックカメラは9月18日Amazonは30日発売となってますが、18日土曜には出るようです。
ニコンユーザとしても気になるスペックはここらへんを参照EOS 20D β機レポートにも書かれてますが、10Dと同じ値段で着実にスペックアップ、もっさり感も改善されてるみたいだし、ほんとに隙の無い仕上がりになってそうな予感です。キヤノンはKiss Digitalから20D、1D mark II/1Dsと上から下まで、デジカメ界の王者の貫禄を感じさせるラインナップになったと言えます。
あと、日記のようなものによるとキヤノンのショールームに行けばもう実機に触れるらしいですよ、と。


Creative NOMAD MuVo2 FM 5GBで分解祭り再び

nomad_muvo2_fm_5gb.png
MP3プレーヤーを買って4GBマイクロドライブを取り出した方が、マイクロドライブを単体で買うより断然安いということで、デジカメユーザに爆発的に売れたNomad Muvo2 4GBですが、最近はバラシ対策がとられ、事態は沈静化に向かっていました。。。
が、しかし!クリエイティブメディアはまたやってくれました。今度のNomad Muvo2 FM 5GBでは、従来の日立(元IBM)製マイクロドライブから、おそらくSeagateのこれと思われる5GBハードディスクに変更してきたのですが、こいつが再びデジカメの記録メディアとして流用できる代物らしいのです(とりあえずD70では動いたそうな)。
国内ではまだ出回っておらずく、アマゾンでは実質¥23,8009/11 9/24発売となっているので、祭りの再来となるか追試レポートに注目したいと思います。

もうすぐだと思って期待してたら、いつの間にか発売日が24日に延期されてました。。。